よくある質問

鍼灸治療について

受けない方が良い場合はありますか?

食後1時間以内は、胃に血液が集中するため受けない方が良いでしょう。
又、発熱や炎症などの症状が出ている時は施術をお薦めできません。

施術の後、お酒を飲んでも大丈夫ですか?

施術をお受けになった後は、全身の血流が大変良い状態となっております。お酒の吸収も普段以上に良くなって、お酒が回りやすい傾向にありますので、施術当日の飲酒は控えめにしていただくことをお勧め致します。

施術の後、食事は普通に摂って大丈夫ですか?

施術をすることで、全身の血流が大変良くなっております。過度な量のお食事を召しあがりますと、消化にエネルギーが使われてしまいがちです。施術後は腹六分目でお食事をお摂り下さい。胃腸に使われるエネルギーの負担が少なくなる分、バランス良く、施術の効果をご実感頂けると思います。

施術当日はお風呂に入っても大丈夫ですか?

大丈夫です。治療後は血行がよくなり、すこしのぼせやすくなっておりますので、熱いお湯や長湯は避けて頂くことをお勧めします。

顔に鍼を打つと青いアザ(内出血)が出来ることがありますか?また、内出血しやすい体質はありますか?

顔には多くの毛細血管が通っています。毛細血管の血液の流れが悪くなると、毛細血管自体に酸素や栄養が不足し、もろくなってしまいます。毛細血管の流れが悪くなる原因としては、生活習慣病である糖尿病、高血圧、高脂血症やタバコ、加齢、遺伝的要因などが挙げられます。これらの原因で栄養不足になった毛細血管が多い方は、ちょっとしたことで毛細血管の壁が壊れるため、内出血しやすくなります。
また、ワーファリンなどの血液をサラサラにするお薬を内服されている方も内出血しやすくなります。

鍼灸の副作用はありますか?

鍼は薬のような副作用はありませんが、稀に東洋医学特有の好転反応とされる瞑眩(めんげん)反応といわれる症状が出ることがあります。この瞑眩反応とは、治療後に身体がだるく感じたり眠くなったりと一時的に症状が悪化したように感じることです。これは症状が良くなっていく上での一過程とされており、その反応後にお身体の調子が回復していきますので、ご安心ください。

お灸をすると痕が残りますか?

当サロンでは、お客様の症状に合わせて様々なお灸の種類の中から最適な方法を選択して施術を行います。基本的に、当サロンでは痕が残るようなお灸施術はいたしません。

お灸は熱くないですか?

通常のお灸は米粒から米粒の半分くらいの大きさにひねったもぐさに火をつけていきますが、火が皮膚に達する直前に消してしまいますので、一瞬熱さが身体に入る程度です。この時のお客様の感想といたしましては、「温かくて気持ちがいい」「ピリッと一瞬熱い感じ」など、様々な表現をされることがありますが、激しい熱さを感じる方はおりませんのでご安心ください。

鍼は痛くないですか?

鍼灸師が一般的に用いる鍼の太さは様々で、最も細いもので太さ0.10mm、最も太いもので太さ0.34mmです。当サロンでは基本的に髪の毛ほどの細い鍼(0.10~0.16mm)を使用しますので、痛みはほとんど感じません。しかし、人によっては少しの痛みを感じる敏感な方もいらっしゃいます。刺激の程度についてもお客様の反応を伺いながら変えてまいります。

使用する鍼は使い捨てですか? 鍼で感染することはありますか?

当院では、使用する鍼は全て国産の高品質のディスポザブル鍼(使い捨て)です。感染の可能性は御座いませんのでご安心ください。

よもぎ蒸しについて

受けない方が良い場合はありますか?

食後1時間以内は、胃に血液が集中するため受けない方が良いでしょう。
又、発熱や炎症などの症状が出ている時は施術をお薦めできません。

施術の後、お酒を飲んでも大丈夫ですか?

施術をお受けになった後は、全身の血流が大変良い状態となっております。お酒の吸収も普段以上に良くなって、お酒が回りやすい傾向にありますので、施術当日の飲酒は控えめにしていただくことをお勧め致します。

施術の後、食事は普通に摂って大丈夫ですか?

施術をすることで、全身の血流が大変良くなっております。過度な量のお食事を召しあがりますと、消化にエネルギーが使われてしまいがちです。施術後は腹六分目でお食事をお摂り下さい。胃腸に使われるエネルギーの負担が少なくなる分、バランス良く、施術の効果をご実感頂けると思います。

施術当日はお風呂に入っても大丈夫ですか?

大丈夫です。治療後は血行がよくなり、すこしのぼせやすくなっておりますので、熱いお湯や長湯は避けて頂くことをお勧めします。

顔に鍼を打つと青いアザ(内出血)が出来ることがありますか?また、内出血しやすい体質はありますか?

顔には多くの毛細血管が通っています。毛細血管の血液の流れが悪くなると、毛細血管自体に酸素や栄養が不足し、もろくなってしまいます。毛細血管の流れが悪くなる原因としては、生活習慣病である糖尿病、高血圧、高脂血症やタバコ、加齢、遺伝的要因などが挙げられます。これらの原因で栄養不足になった毛細血管が多い方は、ちょっとしたことで毛細血管の壁が壊れるため、内出血しやすくなります。
また、ワーファリンなどの血液をサラサラにするお薬を内服されている方も内出血しやすくなります。

鍼灸の副作用はありますか?

鍼は薬のような副作用はありませんが、稀に東洋医学特有の好転反応とされる瞑眩(めんげん)反応といわれる症状が出ることがあります。この瞑眩反応とは、治療後に身体がだるく感じたり眠くなったりと一時的に症状が悪化したように感じることです。これは症状が良くなっていく上での一過程とされており、その反応後にお身体の調子が回復していきますので、ご安心ください。

お灸をすると痕が残りますか?

当サロンでは、お客様の症状に合わせて様々なお灸の種類の中から最適な方法を選択して施術を行います。基本的に、当サロンでは痕が残るようなお灸施術はいたしません。

お灸は熱くないですか?

通常のお灸は米粒から米粒の半分くらいの大きさにひねったもぐさに火をつけていきますが、火が皮膚に達する直前に消してしまいますので、一瞬熱さが身体に入る程度です。この時のお客様の感想といたしましては、「温かくて気持ちがいい」「ピリッと一瞬熱い感じ」など、様々な表現をされることがありますが、激しい熱さを感じる方はおりませんのでご安心ください。

鍼は痛くないですか?

鍼灸師が一般的に用いる鍼の太さは様々で、最も細いもので太さ0.10mm、最も太いもので太さ0.34mmです。当サロンでは基本的に髪の毛ほどの細い鍼(0.10~0.16mm)を使用しますので、痛みはほとんど感じません。しかし、人によっては少しの痛みを感じる敏感な方もいらっしゃいます。刺激の程度についてもお客様の反応を伺いながら変えてまいります。

使用する鍼は使い捨てですか? 鍼で感染することはありますか?

当院では、使用する鍼は全て国産の高品質のディスポザブル鍼(使い捨て)です。感染の可能性は御座いませんのでご安心ください。

ハーバルボールについて

受けない方が良い場合はありますか?

食後1時間以内は、胃に血液が集中するため受けない方が良いでしょう。
又、発熱や炎症などの症状が出ている時は施術をお薦めできません。

施術の後、お酒を飲んでも大丈夫ですか?

施術をお受けになった後は、全身の血流が大変良い状態となっております。お酒の吸収も普段以上に良くなって、お酒が回りやすい傾向にありますので、施術当日の飲酒は控えめにしていただくことをお勧め致します。

施術の後、食事は普通に摂って大丈夫ですか?

施術をすることで、全身の血流が大変良くなっております。過度な量のお食事を召しあがりますと、消化にエネルギーが使われてしまいがちです。施術後は腹六分目でお食事をお摂り下さい。胃腸に使われるエネルギーの負担が少なくなる分、バランス良く、施術の効果をご実感頂けると思います。

施術当日はお風呂に入っても大丈夫ですか?

大丈夫です。治療後は血行がよくなり、すこしのぼせやすくなっておりますので、熱いお湯や長湯は避けて頂くことをお勧めします。

顔に鍼を打つと青いアザ(内出血)が出来ることがありますか?また、内出血しやすい体質はありますか?

顔には多くの毛細血管が通っています。毛細血管の血液の流れが悪くなると、毛細血管自体に酸素や栄養が不足し、もろくなってしまいます。毛細血管の流れが悪くなる原因としては、生活習慣病である糖尿病、高血圧、高脂血症やタバコ、加齢、遺伝的要因などが挙げられます。これらの原因で栄養不足になった毛細血管が多い方は、ちょっとしたことで毛細血管の壁が壊れるため、内出血しやすくなります。
また、ワーファリンなどの血液をサラサラにするお薬を内服されている方も内出血しやすくなります。

鍼灸の副作用はありますか?

鍼は薬のような副作用はありませんが、稀に東洋医学特有の好転反応とされる瞑眩(めんげん)反応といわれる症状が出ることがあります。この瞑眩反応とは、治療後に身体がだるく感じたり眠くなったりと一時的に症状が悪化したように感じることです。これは症状が良くなっていく上での一過程とされており、その反応後にお身体の調子が回復していきますので、ご安心ください。

お灸をすると痕が残りますか?

当サロンでは、お客様の症状に合わせて様々なお灸の種類の中から最適な方法を選択して施術を行います。基本的に、当サロンでは痕が残るようなお灸施術はいたしません。

お灸は熱くないですか?

通常のお灸は米粒から米粒の半分くらいの大きさにひねったもぐさに火をつけていきますが、火が皮膚に達する直前に消してしまいますので、一瞬熱さが身体に入る程度です。この時のお客様の感想といたしましては、「温かくて気持ちがいい」「ピリッと一瞬熱い感じ」など、様々な表現をされることがありますが、激しい熱さを感じる方はおりませんのでご安心ください。

鍼は痛くないですか?

鍼灸師が一般的に用いる鍼の太さは様々で、最も細いもので太さ0.10mm、最も太いもので太さ0.34mmです。当サロンでは基本的に髪の毛ほどの細い鍼(0.10~0.16mm)を使用しますので、痛みはほとんど感じません。しかし、人によっては少しの痛みを感じる敏感な方もいらっしゃいます。刺激の程度についてもお客様の反応を伺いながら変えてまいります。

使用する鍼は使い捨てですか? 鍼で感染することはありますか?

当院では、使用する鍼は全て国産の高品質のディスポザブル鍼(使い捨て)です。感染の可能性は御座いませんのでご安心ください。